徒然なるままに・・・・思いつき・無責任に練習日誌

くろだおさむの練習日誌

もぉ。。。いいよ。。。これで | main | 汗をかけ!二日酔いには汗をかけ!!・・・ウコンの力は力になるのか?
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | --:-- |
だから・・・練習日誌だって
さて、たまに広告が入るブログですが、気にしないで行きましょう。

最近、朝よく見かける光景


お母さんたちが小学校の通学路に立って子供たちに「行ってらっしゃい」と、声をかけていらっしゃいます。

多分こんな理由でしょう・・・・。

①朝の通勤ラッシュ時間に子供たちの交通安全を確保
②不審者・連れ去り事件の多発によるそれらの事件の未然防止


・・・・まってまてまて

ちょっとごめんなさいね

まず②下校時に立て!!
そっちのほうが事件発生率も多いのではないか?そのほうが事件の未然防止に役立つのではないか?

そして①お母さん・お父さん・そして地域の皆様。よくお聞きください!
・・・私の私見ですが・・・・

まず、横断歩道に差し掛かった車をとめて5mも向こうにいる子供に向かって「急いで!!走りなさい!!!」などと抜かす大ばか者!!

よく 聞け!!

子供を安全に登校させる!!大切な事です!!

でもねもっと大切な事があると思うのよ!

昔の人は言いました

「右を見て!

左を見て!

もう一度右を見て!!

手を挙げて!!

横断歩道を

渡りましょう!!!」



これを教えないから、最近のがきは狭い道路を我が物顔で道いっぱいに広がって後ろからきてる車にも自転車にもまたは、早く行きたい歩行者にも一切気を止めることなく我が物顔で闊歩するんですよ!

いいですか?大切な事はその日子供を安全に登校させることではなく、安全な道路の歩き方を教える事なのではないでしょうか?

おばちゃんたちが車を安全な位置で止めるから子供たちは「車は私のために必ずまってくれる」という錯覚を起こすのですよ!

横断歩道に子供が来た→子供を一度止める→(子供に)左右安全確認をさせる→(大人が)車の往来がない事を確認→手を挙げて横断歩道を渡らせる→笑顔でニコッと「行ってらっしゃい!」

これが正しい姿ではないでしょうか?

「子供のために車を止めてあげる」ことが良い事なのでしょうか?

どちらが正しいと思います?

今度は車側ですが、横断歩道で待っている子供を見かけたときくらい止まって待ってあげましょうよ!

横断歩道で車の往来を確認している子供たちは間違えなくルールを守っている子供たちです。

そんな子供たちの前で、急いでいるのだ!仕事に遅れそうなのだ!などと言って通学指定道路をビュンビュンと走り抜けていく大人の姿は子供にはどう移るのでしょうか?

えらい人は言いました

『10分早く起きて、

10分早く

家を出やがれ!!』
スポンサーサイト
| 未分類 | 16:53 | トラックバック:0コメント:0
コメント
コメントする














管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL
http://kurodaosamu.blog48.fc2.com/tb.php/8-91e6d90a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
| ホーム |
メール

プロフィール

くろだおさむ

Author:くろだおさむ
このブログは広島在住アマチュアチューバ吹きくろだおさむの勝手気ままな練習日誌です。同じく広島在住チューバ吹き沖原氏のブログに触発され勢いで始めてみました

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック

月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。